奈良県天川村の新観光名所「てんかわ天和の里」でバーベキュー&川遊び

奈良県天川村の新観光名所「てんかわ天和の里」

バーベキュー&川遊び

みたらい渓谷で知られる奈良県天川村。バーベキューや川遊びを楽しむのなら、新観光名所の「てんかわ天和の里」がおすすめです。天川村では、条例により、河川敷など公共の場所でのバーベキューは禁止。私有地(キャンプ場など)に限られています。「てんかわ天和の里」では、食材を持ち込むだけで、手軽に安全にバーベキューや川遊びを楽しむことができ、大阪などからの日帰り旅行にもおすすめ。子供さんとお出かけされてはいかが?

天川村でバーベキューや川遊び

天川村は、奈良県中部にあります。世界遺産の大峯奥駈道や大峯山、天河大辨財天社(天河神社)、洞川(どろがわ)温泉や鍾乳洞で人気の観光地。「御手洗(みたらい)渓谷」は、“関西随一の美しい渓谷”で知られ、新緑や紅葉シーズンにお出かけしたいスポットです。

天川村は、清流など自然が美しく、夏でも涼しい癒しのスポット。しかし、夏休み(お盆)、GW、SWなど行楽シーズンは大混雑。みたらい渓谷や洞川温泉周辺の駐車場も、非常に混みあっています。

最近は路上駐車があふれ、ゴミ問題や観光客のマナー違反が深刻になり、天川村では清流を保護するため、河川敷など公共の場所でのバーベキュー(火を使った調理)を禁止にする条例を制定。川遊びでもマナー違反やトラブルが発生し、ケガや事故も少なくありません。

そこで、天川村でバーベキューや川遊びを存分に楽しみたい方におすすめの施設が「てんかわ天和の里」。廃校となった小学校を活用した交流施設です。瓦屋根とヒノキ造りの小学校は、とてもノスタルジック。

レトロ可愛い木造校舎は、心にじ~んと響くほど温かみがあり、バーベキューや川遊びが目的でなくても、多くの方々がこの旧校舎を訪れてみたくなることでしょう。

天川村で穴場の新観光名所

場所は、天川村和田。みたらい渓谷(北角地区)から、やや外れた西部地区(栃尾~塩野)に位置しています。行楽シーズンの混雑を避け、予約したキャンプ場やバンガローでのんびり過ごし、バーベキューや川遊びを存分に楽しみたい方におすすめのエリア。

天河神社(写真)よりも西に進んだエリアには、日帰り温泉(薬湯センターみずはの湯)やオートキャンプ場、バンガローが立地。栃尾観音堂(円空仏)や伊波多神社、不動滝、滝尾渓谷など、穴場スポットも多くあります。

旧天川西小学校を活用した「てんかわ天和の里」。学校のグラウンドを駐車場として開放し、バーベキューは予約制。これであれば、安心してバーベキューを楽しむことができ、駐車場の問題や混雑も一気に解決ですね。

校舎の裏手には、屋根付きのテラスがあり、すぐ目の前を清流(天ノ川)が流れ、とても開放的で気持ちのいい水辺空間。現在、2棟のテラスが整備されています(合計20区画、定員140人)。

バーベキューを利用するには、区画料(1区画~)と利用人数分の入場料が必要。コンロや網、トングなどの道具がそろっているので、食材を持ち込むだけで手軽にバーベキューを楽しむことができますよ。

子供連れ、カップルにおすすめ

バーベキューテラスから河川敷へと降りることができ、川遊びも満喫できます。清流は、ご覧のような美しさ。みたらい渓谷をはじめ、天川村の透き通る沢の色は、“大峯ブルー”と呼ばれ、青や緑、瑠璃色など神秘的な美しさをたたえています。大阪から日帰り旅行でも行ける涼しいスポット。

川遊びだけでなく、川魚つかみ取り体験や川遊びもできるので、子供連れのご家族やカップルにもおすすめ。川の奥には深い場所もありますが、校舎側の川は浅瀬となっています。見晴らしがよく、小さな子供さんと楽しく遊ぶことができるでしょう。

清流のせせらぎは心地よく、軽やかで涼し気な水音に癒されます。鳥の鳴き声。風の音。学校の裏には、キレイな川が流れ、美しい自然がいっぱい。のどかな里山にぽつり。こんな小学校で過ごしたかったな、と思われる方も多いのではないでしょうか?

ノスタルジックな学校

「てんかわ天和の里」の魅力は、戦時中に建てられた木造校舎を体験できること。地元の人々の無償提供と労働奉仕で昭和18年(1943年)に建てられ、伝統の瓦屋根とヒノキ造りの美しい建築を見ることができます。

平成14年(2002年)に廃校となりましたが、平成28年(2016年)に地域の交流拠点としてオープン。スタッフの方には、この学校を卒業した方もいらっしゃって、学校での思い出話も聞かせていただけます。

教室や講堂、体育館、運動場は、ほとんど当時のまま。こちらは講堂ですが、昭和の時代に置き忘れた古いピアノがぽつり。木造校舎に暖かくて懐かしい音が響き渡り、大切に保管されてきたことがわかります。入学式や卒業式など、大切な行事は、かつてこの講堂で行われていました。

教室では木工体験をすることができ、体育館ではボルダリングやバレーボールなどのスポーツも。教室などは有料利用(要予約)できるので、クラブ利用や社員の研修旅行にもおすすめ。昔ながらの豆腐づくりなど、季節に応じたイベント体験も行っています。

天川村で川遊び、バーベキュー

こちらは畳部屋の図書館。ひな人形も飾られ、和の雰囲気が感じられます。

教室には、かかしの先生や子供たちの姿も。校長先生の名札には名前が書かれてありますが、実在の人物。これは誰のいたずら?

近くには「栃尾観音堂」があり、江戸時代の旅する仏師、円空(えんくう)が彫った木彫りの仏像が安置されています。教室では、円空の地元である岐阜県の愛好家が彫られた一刀彫の仏像を見ることができ、仏の不思議な微笑みにも癒されます。

寺院に所属せず、放浪を続けた円空は、大峯山で2度修行。日本の神々が宿る天川村で美しい自然を感じ、新名所の「てんかわ天和の里」でバーベキューや川遊びを楽しんではいかがでしょうか?

なお、奈良の観光名所や、大阪からおすすめの日帰り観光スポットなどについてもまとめていますので、ご興味のある方は下のリンクからのぞいてみて下さい。

「てんかわ天和の里」の基本情報

住所:奈良県吉野郡天川村大字和田477

電話番号:0747-68-9165
アクセス:大阪から車で約2時間

営業時間:9:00~17:00

定休日:水・木曜日(夏休み期間は開館、水・木が祝日の場合は翌週金曜日が休み)

執筆時点の情報です。最新の情報は公式ホームページなどでご確認ください。

【関西】大阪から日帰り旅行!お出かけスポット&観光コースおすすめ12選

【日帰り旅行】お出かけしたい! 奈良観光おすすめスポット&名所