「給食にゴキブリの死骸」と「日本人うつ病」の関係

シェアする

ゴキブリの死骸が混入

「給食を中止するべきだった」と謝罪

群馬県館林市の市学校給食センターが、市立第四中学校(同市上赤生田町)で提供した給食の香味漬けに、ゴキブリの死骸が混入していたと発表した。

市内の中学校5校に同様の給食を提供したが、すぐに他校にも知らせなかったとして、センターの所長が「給食の中止を決断するべきだった」と謝罪している。

校内放送で給食を食べないよう放送

“事件”は、配膳中の香味漬けに死骸が混ざっているのを生徒が見つけ、担任に知らせたことから発覚した。学校側は、すぐにセンターへ連絡し、校内放送で給食を食べないように伝えた。

東南アジアでは当たり前 

日本が異常 

確かに死骸といえども、ゴキブリが食べ物に混入していたら極めて不快だ。ましてやカネを支払っているのだから、抗議して当然だと言える。見た目にも気持ち悪いし、極めて不衛生だからだ。

タイカレーまみれになったイモリ 

だが、東南アジアで暮らしていると、「それがどうした」「日本人は異常じゃないか」と思えてくる。

屋台に行けば、木の葉みたいな大きなゴキブリが床を這っている。

調理用の鍋から、ゲーン(タイカレー)まみれになったイモリ、もしくはヤモリが飛び出してくる。

客のタイ人もお店の人も笑っている。

スーパー「ビッグC」では、ネズミの運動会

日本で言えばイトーヨーカ堂、イオン、ダイエーといったタイのスーパー「ビッグC」では、昼間から巨大なネズミが床を走り回っていることもある。

誰も抗議する人なんていない

タイの電車に乗ったら、床いちめんに大小無数のゴキブリが這っていることもある。

しかし、レストランや列車でゴキブリが床を這っていようと、誰も抗議する人なんていない。

ましてや電車が火を吹こうと、脱線しようと、そのために乗車が1、2時間遅れても新聞にも載らないし、電鉄会社が謝罪することも、乗客が抗議して裁判を起こすこともない。

西欧人たちの外国人観光客も、「これがタイなのか」といった感じで、黙っておとなしく普通に過ごしている。

(食事をしているとテーブルに上がってくる犬。レストランの人は笑っている。私も、隣の彼女も笑っている。だから微笑みの国)

ゴキブリに悲鳴を上げる日本人の若い女性たち 

大騒ぎしているのは、日本人の若い女性たちだ。屋台でゴキブリを見かけ、暴漢に襲われたような悲鳴を上げ、大騒ぎしている。見た目もファッションも乃木坂46のような可愛く、綺麗な日本人女性だ。

乃木坂46がタイ観光大使に就任

乃木坂46がタイ観光大使に就任し、「こんなタイ、知らなかった」をテーマに、オシャレで可愛いカフェやレストラン、食事、ルーフトップバーなどを紹介しているから、これを見てタイに来た日本人女性かもしれない。

(タイ政府観光庁)

日本基準にしか見ることができない 

昨今はLCCでタイに安く行くことができ、スマートフォンのアプリでタイのオシャレで綺麗な可愛い情報をいっぱい知っている。

日本とまったく同じ感覚で、外国へと観光旅行に出かける。日本の価値観をそのまま引きずり、なんでも日本基準にしか物事を見ることしかできない。

(電車の中でゴキブリと一緒に遊ぶ女の子と私。かわいい女の子が楽しそうにしていたらゴキブリだって可愛い)

 日本のうつ病患者数

4人に3人が「うつ病」予備軍

日本のうつ病患者数は、2008年に100万人を超え、15人に1人が生涯に一度「うつ病」にかかるとされ、医師に受診していないうつ病患者は、4人に3人とされている。

一匹のゴキブリ 

一匹のゴキブリの死骸が給食に入っていたことでマスコミを賑わせ、「給食の中止を決断するべきだった」と謝罪させる社会。

うつ病の原因は、ストレス社会にある。

スポンサーリンク