遺書

シェアする

遺書

 

雪が降る夜でした

あなたが

みずから 

命を絶ったのは

 

 

四谷で

さみしい

通夜が

しめやかに営まれ

 

 

モデルや

AV女優や

ソープ嬢が訪れ

あなたとの

別れを惜しみました

 

 

屋上から飛び降りた

あなたの後頭部は

へこんではいるが

顔は無傷でした

 

 

「綺麗な顔で

良かったね」

モデルも

AV女優も

ソープ嬢も

みんな 泣きました

 

 

故郷から

あなたの親類が来ましたが

すぐに帰って行きました

 

 

ご両親は来ませんでした

 

 

あなたの部屋に

遺書がありました

 

 

黒い

大きな男にあてた

遺書でした

 

男のところへ

持って行くと

 

「セックスしたのは覚えているが

顔は覚えていない」

 

 

黒い

大きな男は

言いました

 

 

正式な

夫婦となった

愛しあう

肉体的な交わりは

神が意図された

神の設計図

 

 

自分の夫

妻以外の者との

交わりは

不純な

みだらな性関係

 

 

けれど

彼女が

この世に

ひとつだけ

 

死と引きかえに

残した

ひとつの遺書は

 

夫でも

恋人でもなく

肉欲に焦がされた

不純な

みだらな

金による愛に

あてたもの

 

太陽には

3人の神さまがいる

 

光り輝く神

暖かな神

 

そして、もう一人は

影を作る神さま

※当サイトの文章、写真の無断引用は禁止致します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク