【大阪】紫陽花の名所&穴場! 奥河内あじさい公園と河合寺城跡

【大阪】紫陽花の名所&穴場!

奥河内あじさい公園と河合寺城跡

“大阪の屋根”と呼ばれる金剛山。ふもとには、アジサイの名所で知られる「河合寺(奥河内あじさい公園)」があり、穴場のスポットとしておすすめです。アジサイの見ごろ時期は例年、6月中旬~7月上旬ごろ。

河合寺と隣接する長野公園は、河内国の武将、楠木正成(くすのきまさしげ)が築いた「河合寺城」があった場所として知られ、大阪の観光地でも穴場のエリア。アジサイを観賞しながら歴史散策も楽しまれてみてはいかがでしょうか?

長野公園から河合寺へ

写真が、河合寺(大阪府河内長野市)の山門。河合寺の歴史は古く、飛鳥時代の豪族、蘇我入鹿(そがのいるか)が創建したと伝わる寺院。残念ながら一般公開は行われていませんが、山門のわきから山道が伸び、河合寺の敷地内にある「奥河内あじさい公園」を無料で楽しむことができます。

場所は、近鉄・南海線「河内長野駅」から約1キロメートル。駅前のバス停から、河合寺行きのバスが出ていますが、小高い丘にある「長野公園」を横切って行けば、10分ほどで行くことができます。長野公園~河合寺への散策を楽しむのがおすすめ。河内長野駅の裏手に黄金橋(写真)があり、橋の背後にある緑の広がりが「長野公園」です。

小高い丘にある長野公園。階段の途中には、風情ある木造旅館や、天然温泉が楽しめる河内長野荘があり、小さな旅行気分を味わうことができます。長野温泉は、推古天皇の時代にわき出したとされる温泉です。

長野公園にも穴場のアジサイ園

階段を上った先にあるのが、「奥河内さくら公園」。しだれ桜やソメイヨシノが植えられ、春は桜の穴場スポット。回廊風の展望休憩所から、河内長野市内を見渡すことができます。

ここは楠木正成が築いた河合寺城の跡地。長野公園の展望台付近に河合寺城の本丸があったと伝えられています。写真は、正成が築いた「黄金塚」。

長野公園にも、アジサイ園があるので、立ち寄ってみましょう。規模はそれほど大きくありませんが、こちらでも穴場のアジサイを無料で楽しむことができます。

河合寺の「奥河内あじさい公園」

続いては、長野公園から河合寺へ。天然温泉宿の河内長野山荘から清教学園に通じる道があり、徒歩数分で河合寺に着くことができます。
河合寺の横に山道があり、「奥河内あじさい公園」にすぐ行くことができます。

奥河内あじさい公園では、約5000本のアジサイが植えられ、梅雨の季節を鮮やかに彩ります。アジサイの例年の見ごろ時期は、6月中旬~7月上旬。無料で楽しめる、穴場のアジサイ名所です。

おわりに

大阪でアジサイの穴場スポットの「奥河内あじさい公園」。梅雨の合間のひとときに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
河合寺では、木道の尾根のような道を通って、展望台に行くこともできるので、こちらの散策もおすすめです。

なお、楠木正成のゆかりの「金胎寺城」についてもまとめていますので、ご興味のある方は下のリンクからのぞいてみて下さい。

奥河内あじさい公園の基本情報

場所:大阪府河内長野市 河合寺876
(GoogleMapで見るopen_in_new)

アクセス:近鉄・南海電車「河内長野駅」から徒歩約10分

営業時間:24時間

料金:無料