白い冬

シェアする

白い冬 

 

 

家に帰りたい

家に帰りたい

 

白い冬が

しくしく泣いていた

 

バッグを持って

服を着替えて

扉を開くのを待っている

 

もう誰も話しかけない

 

白い冬

 

お正月も帰れない

迎えに来てくれる人はいない

家に帰りたい

家に帰りたい

物忘れはひどくなるばかり

登りの傾斜は険しくなるばかり

 

クリスマス

窓をたたく風の音は

長いカマを持つ黒い人

※当サイトの文章、写真の無断引用は禁止致します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク