タイ旅行のベストシーズンは?バンコク&プーケットなどリゾート観光地のおすすめ時期

タイ旅行のベストシーズンは?

バンコク&プーケットなどリゾート観光地のおすすめ時期


タイ旅行のベストシーズンの時期は、一般的に11月~2月の乾季。しかし、プーケット島やピピ諸島、サムイ島、パンガン島、タオ島、サメット島、パタヤ、クラビ、カオラック、ホイアンなど、人気のビーチリゾートでは天気や気候が微妙に異なります。

そこで、首都バンコク、世界遺産のアユタヤ、古都チェンマイやスコータイ、チェンライなど、タイのベストシーズンの時期をご紹介。

年末年始、春休み、GW(ゴールデンウィーク)、お盆(夏休み)、SW(シルバーウイーク)の天気や気温、季節ごとの祭りやイベント、旅行費用や持ち物、服装、格安ツアーの時期や治安などの注意点もまとめましたので、海外旅行のご参考にしてください。

タイには、3つの季節(乾季、暑季、雨季)がある

【気候】

旅行で気になるのは天気。タイの気候や特徴を知ると、観光地の天気予報にあわせて服装や持ち物をあらかじめ日本で準備することができ、楽しいタイ旅行ができるでしょう。

タイの気候は、熱帯モンスーン気候。年間の平均気温は約29℃で、高温多湿。一年中、真夏のイメージのあるタイですが、実は3つの季節に分かれています。

【乾季(11月~2月)】

一年で最も爽やかな季節。カラッとした晴天が広がり、気持ちのいい天気が続きます。雨がほとんど降らないシーズン。ほかの季節に比べて気温が低く、朝夕は20℃を下回る涼しさになることも。プーケット島やピピ諸島、クラビ、パタヤ、サメット島など多くのビーチリゾートでは透明度の高い、綺麗な海が広がります。

【暑季(3月~5月)】

一年で最も暑い季節。ソンクラン(水かけ祭り)が行われる4月は特に日差しが強く、バンコクやチェンマイでも気温が40℃を超えることも。雨量は少ないですが、5月ごろからスコールが増え始めます。

【雨期(6月~10月)】

一年で最も雨が降る季節。プーケット島などのビーチリゾートでは波が高く、遊泳禁止になることも。1~2時間ほどの激しいスコールが一日に何度か降りますが、晴れ間が見えることも。暑い日が続きますが、雨の後は涼しくなります。フルーツがおいしい時期なので、マンゴーなどを使ったスイーツを楽しむのもおすすめ

タイ旅行のベストシーズンは?

タイ旅行のベストシーズンは、一般的に乾季の11月~2月。首都バンコク、世界遺産のアユタヤ、古都チェンマイやスコータイ、チェンライなど、人気の観光地の多くは、11月~2月がベストシーズン。

チェンマイのコムローイ(ランタン)祭りが行われるのも、この時期。寺院や遺跡巡り、ショッピングなどタイ土産探しや街歩き、象乗りなど自然も満喫できる絶好の季節。観光旅行に最もおすすめのシーズンです。

一方、タイのビーチリゾート地では、モンスーンの影響があるため、「アンダマン海(西側)」と「タイランド湾(東側)」では旅行のベストシーズンが異なります。

「アンダマン海側のリゾート(プーケット島やピピ諸島、パンガー湾、ランタ島、リペ島、クラビ、カオラックなど)」のベストシーズンは、乾季の11月~2月


海の透明度が高く、綺麗な海が広がります。シュノーケリングやダイビング、マリンスポーツ、海水浴を楽しむのにおすすめのシーズン。バンコクから近いパタヤ(ラン島)やサメット島、ホイアンなどのビーチリゾートのベストシーズンも11月~2月。

「タイランド湾側のリゾート(サムイ島、パンガン島、タオ島、ナンユアン島、アーントーン諸島など)」のベストシーズンは、このエリア独特の乾季である2月~6月。絶景の海が広がり、透明度が高く、波も穏やか。ダイビングにもおすすめのシーズンです。

タイ旅行の安い時期は?

バンコク旅行のツアー料金が最安値になる時期は、10月ごろ。11月下旬~1月が最も観光客が多いシーズンなので、その直前が航空料金やツアー料金が比較的に安い。また、GW前後の5月、6月も安くなる傾向にあります。

逆に料金が高騰するのが、年末年始。お盆(夏休み)やGW。4~5連休になったSWなども、旅行ツアーの料金が高い時期。しかし、春休みは意外に安い。

タイの観光ツアーの平均費用、平均日数は?

タイ旅行の観光ツアー(格安ツアー)で、最も多いのが4日間ツアー(格安の人気ツアーの平均費用が約5万円~)。次いで3日間ツアー、5日間ツアーが多い。

・航空券/LCCで行く場合、往復3万円前後でチケットを購入できます。

・ホテル/バンコクの中心地では、ツインルームが1泊1部屋4000〜5000円でネット予約可能。2人で泊まれば、1人あたり約2000〜2500円。

・食費/屋台やフードコートでタイ料理を食べれば1食200円前後。

年末年始、春休み、GW、お盆(夏休み)、SWのタイの天気・気候は?

年末年始、春休み、GW、お盆(夏休み)、SWにおけるタイの天気や気候についてご紹介します。

【年末年始のタイの天気・気候】


年末年始は、タイのベストシーズンの時期。雨が少なく、晴天が続き、涼しく快適な旅行を楽しめます。気候は温暖。プーケット島やピピ島、サムイ島、パンガン島、タオ島、サメット島、パタヤ、クラビ、カオラック、ホイアンなど、多くのビーチリゾートで海水浴を楽しめます。寒い日本を抜け出し、夏気分を味わえます。

首都バンコク、世界遺産のアユタヤ、古都チェンマイやスコータイ、チェンライもベストシーズン。カウントダウンパーティで、最も盛り上がるのがバンコクとパタヤ。
しかし、この時期は一年を通じてタイ行きの航空運賃が最も高く、ホテルやバーの料金も一気に値上がりします。

【春休みのタイの天気・気候】

春休みは、乾季から暑季へのシーズン。バンコクやプーケットでは、気温が35℃を超える猛暑日。しかし、雨が少なく晴天が多いので、プーケット島などでは海水浴に適した時期です。暑くても平気な方におすすめ。若者向きのシーズン。卒業旅行での学生姿も多く、格安ツアーを使って意外に安く行けるので、この時期もおすすめ。

GWのタイの天気・気候】

4月~5月のタイは、暑季から雨季へのシーズン。バンコクやアユタヤ、チェンマイなどでは気温が40℃を超えることもあり、スコールも多くなります。プーケット島など、アンダマン海側のリゾートでは波が高く、遊泳禁止になることも。

ビーチリゾートを楽しむのであれば、サムイ島やパンガン島、タオ島(ナンユアン島)などのタイランド湾のビーチリゾートがおすすめ。雨が少なく、カラッとした晴天が続きます。しかし、日差しが強いので暑さ対策をお忘れなく。

【お盆(夏休み)のタイの天気・気候】

お盆(夏休み)のタイは、雨季のシーズン。1日に何度か激しいスコールが降ります。しかし、晴れ間ものぞくことがあり、雨の後は涼しく過ごせます。道路が冠水し、川のようになることもたくさん。

この時期も、プーケット島などアンダマン海側は天気が悪く、遊泳禁止になることも。格安で高級ホテルに泊まり、おこもりステイを楽しむといった楽しみ方も。ビーチリゾートを楽しむのなら、サムイ島などタイランド湾側がおすすめ。

SWのタイは、雨季から乾季へのシーズン。9月はまだ雨が多く、バンコクでは激しいスコールが降ることも。ビーチリゾートを楽しむのなら、プーケット島よりも、サムイ島の方がおすすめ。

シーズンごとのタイのお祭り、イベント

タイは仏教国。季節ならではのお祭りやイベントを楽しむのもおすすめです。タイの2大祭りは「ロイクラトン(チェンマイではイーペン祭り)」と「ソンクラン(水かけ祭り)」。タイ旅行で、お祭りに参加されてはいかがでしょうか?

【乾期(11月~2月)のお祭り・イベント】

■11月

・ロイクラトン祭り(全土)
陰暦12月の満月の夜(10月~11月)、ろうそくや花で飾った灯ろうを流します。水の精霊に感謝をささげ、魂を清めるお祭り。
チェンマイのロイクラトン祭りは、「イーペン祭り」と呼ばれ、コムローイ(ランタン)が夜空に放たれ、美しい幻想的な絶景を見ることができます。

・スリン象祭り(スリン県)
東北部のスリン県に、タイ全土から約200頭以上の象が集まり、パレードが行われます。

■1月

・ボーサーン傘祭り(チェンマイ)
チェンマイ郊外のボーサーン村で開催される傘祭り。ミス・ボーサーンコンテストや、カラフルな傘祭りのパレードが行われ、華やかで美しい。

■2
・チェンマイ花祭り(チェンマイ)
美しい花の祭典。色鮮やかな花で飾られた山車のパレードや博覧会が行われます。

【暑期(3月~5月)のお祭り・イベント】

■4月


・ソンクラン(全土)
タイの旧正月に行われる水かけ祭り。この時期なら、誰に水をかけても良い。ルールは絶対に怒らないこと。もともとは、水をかけてお清めするという仏教風習が転じ、最近は巨大な水鉄砲で激しく水をかけあう

■5
・ロケット祭り(ヤソートーン県)
ロケットを打ち上げ、雨ごいするお祭り。ロケットが高く上がれば、雨に恵まれるそう。

【雨期(6月~10月)のお祭り・イベント】

■6
・ピーターコーン・フェスティバル(ルーイ県)
カラフルな精霊に仮装した若者たちが、仏像に続いて華やかにパレードを行う奇祭。

■7
・キャンドル・フェスティバル(ウボンラーチャターニー県)
寺院に奉納するため、美しい彫刻で飾り付けられた蜜蝋(みつろう)キャンドルのパレードが行われます。

服装、持ち物など旅行の注意点は?

■服装・持ち物は?

3つの季節があるタイですが、一年を通して日差しが強く、高温多湿。日焼け止めは必需品。日本の夏のように通気性が良く、乾きやすい服装がおすすめ。バンコクやプーケットなどには、おしゃれなブティック店も多く、女性好みの衣服が見つかるので現地で買うのもおすすめです。

デパートやレストラン、長距離バスや寝台車などでは冷房が効きすぎていることが多く、羽織るものが1枚あれば便利です。乾季のチェンマイなどの山岳部では、朝晩冷え込むこともあるので、長袖やジャケットなどがあれば安心。

また、寺院は神聖な信仰の場所。特にワットプラケオ(王宮)の服装チェックは厳しく、肌の露出が高い服装やサンダルでは入場できないので、お気をつけて。しかし、上に羽織るものを貸してくれる寺院もあります。

雨季だけでなく、乾季にも突然のスコールがあるので、折りたたみ傘やレインコートがあると安心でしょう。

■治安と衛生

世界の国々や東南アジアの中でも、タイは比較的治安が良いと言われています。しかし、実際は日本と比べると交通事故や銃犯罪も多く、睡眠強盗、わいせつなどの被害も多く見られます。注意を怠らないようにしてください。
犯罪に巻き込まれた場合は、警察に通報し、日本大使館に連絡をして情報を伝えましょう

>>外務省海外安全ホームページ

旅行の注意点

タイで最も気を付けなければならないのは、タイ王室への敬意と、仏教(寺院や仏像、僧侶)などへのマナー。
服装に気を付けることはもちろん、聖域に入る時は裸足。女性は僧侶に触れることは禁物。また、すべてのタイ人は、子供を含めて頭を触ってはいけません。足の裏を相手に見せることは最大の侮辱。無料の寺院も多いですが、少額でもお布施するのがマナー。駅にはトイレは少なく、ホテルやデパートで済ませる方が安心です。

■通貨

バーツ(1バーツ=約3.3円/2020年5月現在)

■空港からバンコク市内の移動・行き方

スワンナプーム国際空港からエアポートリンク(電車)で約30分
ドンムアン国際空港から空港バス(A1)でBTSモーチット駅(MRTチャトゥチャック公園駅) ※将来的にはBTSがドンムアン国際空港まで延伸

タイの観光地ごとにベストシーズンを詳しく解説

タイ旅行に行くのなら、ベストシーズンがおすすめ。しかし、デメリットもあります。バンコク、プーケット、チェンマイでの詳しい天候や気温、特徴をまとめました。

【バンコクの天気・気温】

タイの首都バンコク。「王宮&ワット・プラケオ(エメラルド寺院)」「ワット・ポー(涅槃仏寺院)」「ワット・アルン(暁の寺)」の三大寺院巡りは定番の観光モデルコース。最近は、SNS・インスタ映えの寺院「ワットパクナム」が人気。

■季節は3つに分かれ、乾季(11月~2月)がベストシーズン(平均最高気温約30℃、平均最低気温約20℃)

観光に最適のシーズンですが、中国の春節(旧正月)期間を含む1月下旬~2月は、中国人観光客が大量に押し寄せ、高級ホテルなどは満室。観光地はどこも混雑。ホテルの料金も軒並み値上がりします。

タイ行きの航空券の料金も値上がり。格安でタイ旅行したい方は、この時期を外すのがおすすめ。また、この時期は雨が降らず、無風なので、最近は大気汚染が深刻。マスクがあればよいでしょう。年末年始は気温が15℃を下回り、肌寒いことも。

■暑季(3月~5月)の平均最高気温は約35℃。日差しが強く、短時間で日焼けします。4月は体感温度が45℃になることも。日中はショッピングモールなどでタイ土産探しやグルメレストラン、おしゃれなカフェを楽しむのがおすすめ。

■雨季(6月~10月)の平均最高気温は約33℃。雨が多いので、気温が高くても意外に涼しく過ごせます。フルーツが旬を迎える季節。フルーツを使ったスイーツもおいしい。ショッピングモールではバーゲンセールが行われ、お買い物を楽しみたい方におすすめ。

ガイドブックでは、日本の梅雨みたいにシトシト降るのではなく、と表現されていますが、最近のバンコクは梅雨のようにシトシト降ることも多い。10月にはスコールが激しく、主要道路が冠水し、川のようになることも。

【プーケット島の天気・気温】

パトン、カロン、カタの3大ビーチが広がる人気の観光地、プーケット。透明度の高い、綺麗な海が広がります。プール付きの高級ホテルでの優雅なおこもりステイがおすすめ。パトンのバングラ通りはゴーゴーバーやニューハーフに出会える夜遊び&ナイトスポットで有名。トラと記念写真が撮影できる動物園など、子連れの家族旅行や女子旅、カップル、一人旅にもおすすめです。

■季節は、「乾季(11月~4月)」と、「雨季(5月~10月)」の2つに大きく分かれます。ベストシーズンは乾季ですが、3月~4月は暑いのではなく、熱い。南国リゾートを快適に楽しむのなら、11月~2月がおすすめ。中国人の団体観光客を避けるのなら、1月上旬、もしくは2月下旬をねらいましょう。

■乾季(11月~4月)の平均最高気温は約35℃、平均最低気温は20℃。雨が少なく、透明度の高い、きれいな海を楽しみたい方におすすめ。波も穏やかで、シュノーケリングやマリンスポーツも楽しめます。

■雨季(5月~10月)の平均最高気温は約33℃、平均最低気温は20℃。雨が多い季節となり、波が高く、遊泳禁止になることも。しかし、コーラル島など離島に足を延ばせば、雨季であってもビーチライフを楽しむことが可能なことも。

実は雨季のプーケットはおすすめ。高級ホテルの宿泊料金が半額以下になり、高級スパ&マッサージを格安で優雅に楽しめることも。雨の後は涼しいので、観光に適しています。しかも混雑していない。格安でツアー旅行できるメリットも。

【チェンマイの天気・気温】

“タイの京都”とも呼ばれるチェンマイ。寺院が多く、「ドイ・ステープ寺院」はチェンマイでナンバーワンの観光名所。自転車での寺院巡りもおすすめです。カオソーイなどグルメやスイーツ、可愛い雑貨などのタイ土産が見つかるナイトバザールなど、古都ならではの情緒が楽しめます。コムローイ祭り(ランタン祭り)は、美しくて幻想的。

■季節は3つに分かれ、乾季(11月~2月)がベストシーズン(最高気温約30℃、最低気温約5℃)。雨が少なく、カラッとした爽やかな晴天が続きます。有名な寺院巡りや、タイ最高峰のドイ・インタノン国立公園など、トレッキングにもおすすめの時期。
ランタン祭りの「コムローイ祭り(イーペン祭り)」や、カラフルな「ボーサーン傘祭り」が開催されるのも、このシーズンです。

チェンラーイのホワイトテンプル「ワットロンクン」

年末年始には最低気温が0℃近くまで下がることがあり、11月などにも霜が降りることも。日中は30℃を超え、寒暖差が30℃以上になることも珍しくなく、外国人旅行者は風邪をひくことが多い。長袖や暖かな服装があると便利です。上に一枚羽織るものがあると良いでしょう。

■暑季(3月~5月)の平均最高気温が約35℃、平均最低気温が約20℃。タイ北部に位置する山岳地帯のチェンマイは、年間を通して涼しい場所。しかし、盆地のチェンマイは、暑季になるとバンコクよりも暑い。

しかも、野焼きのシーズン。チェンマイ市内は煙でつつまれ、観光に適しているとは言えません。雨は少ないのですが、近年のチェンマイは大気汚染も激しく、この時期は避けた方が良いでしょう。

■雨季(6月~10月)の平均最高気温が約30℃、平均最低気温が約20℃。雨が多い季節ですが、雨の後は涼しく、寺院巡りやナイトマーケットでショッピングを楽しむなど、快適な観光を楽しむこともできます。

まとめ ベストシーズン以外も楽しめる!微笑みの国、タイの観光旅行

一般的なタイ旅行のベストシーズンは、乾季の11月~2月。プーケットなどのベストシーズンは11月~3月と説明しているガイドブックも多い(タイ政府観光庁など)ですが、3月のプーケットはかなり暑いです。4月は、もっと暑い。5月からは雨季に入ります。

一方、ベストシーズン以外の雨季でも楽しめるのがタイ。サムイ島などのリゾートでは、2月~6月がベストシーズンで、7月~9月はセカンドベストシーズンです。

雨季は、ローシーズン。旅行ツアーの料金や航空機の料金、高級ホテルの宿泊料金がハイシーズンと比べて安くなり、バーゲンセールでタイ土産を安く買えるなど、格安でタイ旅行を楽しめるというメリットがあります。

高級ビーチリゾートホテルのプール付きタイプの部屋や、高級なプール付きヴィラで宿泊し、ホテル内の高級スパ&マッサージを楽しむなど、旅行費用をおさえての優雅なタイ旅行もおすすめ。

季節ごとに魅力的なお祭りも多いタイ。シーズンごとの特徴をつかみ、微笑みの国、タイへの旅行を一年中楽しみましょう。