Go To コロナ!コロナまみれキャンペーンは政治家のメンツ

「Go To トラベル」中止の提言 政府退ける

日本国中、隅々までコロナまみれ

新型コロナウイルスの感染者が、全国で新たに1261人が確認され、1日当たりの感染者が初めて1000人を超えた。これまで感染者が確認されていなかった岩手県でも2人の陽性が判明し、感染者は全都道府県に広がった。

感染者がいなかった地方にも、新型コロナウイルスの感染者を爆発増加させる政府主導の政策、それが観光需要喚起策「Go To トラベル」。

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、衆院国土交通委員会で、観光需要喚起策「Go To トラベル」をめぐり、感染拡大の状況を分析した上で事業の開始判断を先延ばしするよう政府に申し入れたが、受け入れられなかった。

記事には書かれていないが、 「Go To トラベル」 の先送りの提言を退けたのは、政治家たちのメンツによるもの。多額の税金投入が決まり、「はいダメです」では、自分たちの面目丸つぶれ。金持ちであれば、感染しても多額のお金を使い、お金持ちの石田純一だったら女遊びでコロナに感染しても多額のお金を使って治せるが、われわれ貧乏な庶民はコロナにかかっても自宅待機を要請され、その間、病気が悪化。治癒したとされても、後遺症がずっと残り続ける。感染者を続出させている東京。自然を求めて、田舎へと旅行する。 「Go To トラベル」 で日本中、隅々がコロナまみれになること間違いなし。