東京を去る若者たち、ロックダウン発言は「小池ババアの脅し」の声

東京を去る若者たち

ロックダウン発言は「小池ババアの脅し」の声

小池百合子東京都知事の「ロックダウン(都市封鎖)」発言を受け、首都圏の自治体などが週末の外出自粛を要請。この直後から、東京駅や新宿の高速バスターミナルでは、荷物を抱えたマスク姿の若者らが次々と夜行バスに乗り込む光景が見られた。

「新型コロナウイルスの感染が都内で拡大すれば、東京から出られなくなるかもしれない」。都内の学校に通う専門学生は、郷里の母親から帰ってくるように言われ、荷物をまとめる準備をした。

大学を卒業したばかりで、新型コロナウイルスが理由で内定を取り消された若者は「外出要請で都内のスーパーの買いだめが起こっている。仕事も決まらないし、早く帰ったほうがいいと思った。東京は、電車に乗っているだけでも怖い街。ロックダウン発言は、小池ババアの脅し」と言葉を残し、東京を去った。

写真引用元:ANNニュース