強制性交、逃走・強盗!樋田淳也を死刑に!日本国民の願い

シェアする

逃走中の樋田淳也、山口県で逮捕

万引で現行犯逮捕の樋田淳也

強制性交や強盗傷害で逮捕され、拘留先の大阪府富田林警察署から逃走した樋田淳也(ひだ じゅんや)。2018年8月12日夜、署の面会室で弁護士と接見後に逃走し、加重逃走の疑いで全国に指名手配。富田林署から約360キロ離れた山口県周南市内で万引をしたとして同年9月29日に窃盗容疑で現行犯逮捕された。

逃走中、観光地巡りを楽しむ

樋田淳也(30)は、別の容疑で逮捕された男(44)と一緒に盗んだ自転車でツーリングスポットのしまなみ海道を通り、広島県では原爆ドーム、山口県では錦帯橋を訪れ、観光地巡りを楽しんでいた。

すべては盗品

樋田淳也の自転車には鍋や包丁、カセットコンロ、釣りざお、さらにクーラーボックスには調味料が詰まれ、これらすべては盗品だと見られている。

体に触るな。権利があるのかと抵抗

樋田容疑者は、警察の取り調べに対して黙秘。山口県で食料品を万引した時も、「体に触るな。権利があるのか」と抵抗し、指名や住所については「言いたくない」と話した。

自転車も盗品

逮捕された時、樋田はウインドブレーカーとスニーカー姿。所持金は280円。乗っていた自転車は大阪府羽曳野市で盗まれたものだった。

日本一周中 お助けお願いします

自転車で日本一周旅行を装い、多くの人々の善意や支援を求めながら48日間逃走。香川県で知り合った男(44)=占有離脱物横領容疑で逮捕=と自転車旅行を続け、自転車やリュックサックに「日本一周中」「お助けお願いします」と紙を張り、多くの人々の善意を平然と踏みにじり続けた。

本当の自転車一周野郎なら、「日本一周中」「お助けお願いします」などとPRしながら走ったりしない

私は15歳のころ、自転車で日本を一周した。金が無くなったら働いた。北海道の牧場で働き、14時間にわたって強制労働を強いられ、それで日給はわずか1500円。

(そのころの経験があるから、おれは馬にも乗れるし、象にも乗れる。山岳民族モン族の娘から惚れられる)

さらに石炭代だの、いろいろ差し引かれた。それでも、おれは働き、そして自転車で日本一周した。

本当の自転車一周野郎なら、「日本一周中」「お助けお願いします」などとPRしながら走ったりしない。無欲で勝負している。

バイクを盗み、連続ひったくり

樋田は大阪府松原市内で原付きバイクを盗み、逃走資金を得るためにひったくりを行っていた。

監視が緩い署員をチェック

樋田が勾留されていた留置場の居室からは、担当署員の勤務シフトをカレンダー形式で記したメモが見つかっている。メモには特定の署員名に印が付けられていた。監視が緩い署員の勤務日を狙って逃走を計画。

樋田淳也の死刑は日本国民のすべての願い

今後、富田林警察署は逃走経路や動機を解明するとしているが、そんなものを解明しても仕方ない。富田林警察署は樋田をもう二度と警察署から出さないで欲しい。樋田淳也を死刑にして欲しい。それは、日本国民すべての願いだ。

スポンサーリンク