タイ・バンコクの「メイドカフェ」、シーラーチャーのセクシーな「メイドカフェ」

シェアする

東京・秋葉原を中心に展開するメイド喫茶であるメイドカフェ「めいどりーみん」。在籍メイド数約500名のNo.1メイドカフェで、全世界に約20店舗を展開している。

 タイ・バンコクに海外進出1号店をオープン

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

2号店の「MBK店」も開店

2013年に、海外進出1号店となる店舗「ゲートウェイ・エカマイ店」をタイ・バンコクにオープン。その後、2015年春にタイ2号店となる「MBK店」が開店した。

「ゲートウェイ・エカマイ店」は、2016年2月にテナント契約の終了に伴って、閉店。「MBK店」はオープン当初は日本人客が多かったものの、今はタイ人で占められている。

 タイ バンコク メイドカフェ 風俗

バンコクでは以前から日本食ブーム

バンコクでは以前から日本食ブームが起こり、高級デパートでは「FUJI」「ZEN」「大戸屋」「やよい軒」といった和食のレストランが軒を連ね、タイ人カップルで賑わっている。平均的なタイ人にとっては、かなりの高級食。日本の感覚で言えば、高級ホテルに入ったフレンチ、イタリアンレストランに行くような感覚だ。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

日本食はタイ人女性に人気

タイ人女性は日本文化に興味があり、それに男が引っ張られているという感じだ。ゴーゴーバーやマッサージパーラー、スナック、カラオケ、ファッションマッサージ店で出会ったタイ人女性が喜ぶのが、これら日本食レストランであり、サーモンやイクラ、マグロなどの刺身は大好物。東京・築地の寿司屋の方がずっと新鮮でおいしいので、機会があれば連れて行ってあげたいと思う。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

「めいどりーみん」のこだわり

タイ人女性も、タイ人男性も日本文化を吸収したいという願望が強く、メイドカフェもその一つ。多くのタイ人が日本へ観光旅行に行くようになり、本物志向を求める傾向が高まり、バンコクであっても、秋葉原と変わらないサービスを受けることができる。「めいどりーみん」のこだわりが、タイ・バンコクでも見られる。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

そもそもメイドカフェの何がいいのか?

どのサービス業とも違った独自の世界

可愛いメイドの姿をして、「お帰りなさい。ご主人さま」と言われても、私は楽しめない気がした。

しかし、意外なほど料金は安く、どの性風俗店やサービス業界とも違った独自の世界があり、行ったら行ったで楽しめる場所だった。私は今でも、秋葉原で出会った20歳の女の子、「わかば」ちゃんを思い出す。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

シーラーチャーの「メイドカフェ」

バンコクのメイドカフェは健全だが、なんとも怪しげなのがシーラーチャーの「メイドカフェ」。秋葉原と同じようなメイドの姿をして店先で呼び込んでいる。ここは「めいどりーみん」とはまったく関係がなく、料金も一時間で約1000バーツ(セット料金)と割高。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

アダルトビデオ女優(AV女優)のようなセクシーさ

「めいどりーみん」の女の子が、萌え萌えの可愛い女の子に対し、上半身はメイド服の姿ながらも下半身はアダルトビデオ女優のようなセクシーさ。サービスについてはゴーゴーバーなどの店舗と同じ。店の形態ではなく、どういった女の子がいるか。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

シーラーチャーの怪しげな置屋

シーラーチャーといえば、いまだに怪しげな置屋が残っている。以前と比べてずいぶんと減ったが、細々と営業を続けている店もあり、大阪・飛田遊郭のような風情が感じられる。

タイ バンコク メイドカフェ 風俗

スポンサーリンク